• フォントを小サイズにする
  • フォントを標準サイズにする
  • フォントを大サイズにする

そとめぐり

交通アクセス 交通アクセス
トップページめぐる > ド・ロ神父記念館

ド・ロ神父記念館

明治12年(1879)外海地方の主任司祭として赴任してきたフランス人宣教師マルク・マリー・ド・ロ神父は、深い人類愛の精神とすばらしいフロンティア精神をもって、外海の人々の魂と肉体の救いのため生涯を捧げた人物です。ド・ロ神父記念館は、神父の遺徳をしのび、すばらしい業績を顕彰するために設けられたものです。
記念館は明治18年(1885)に神父自らいわし網工場として設計、施工したものでその後、保育所として使用されていました。昭和42年(1967)に県指定文化財になり、翌年にド・ロ神父記念館として開館しました。さらには平成15年(2003)に旧出津救助院の一部として国の重要文化財に指定されました。建物は、木骨煉瓦造、平屋建てで、上屋に洋小屋組(キングポストトラス)の屋根を架けた明治時代の洋風建造物としては特異な建物です。内部には宗教関係や医療、土木、建築など神父がこの地で行った様々な事業に関する品物が収められています。

 

所在地 長崎市西出津町2633番地(出津文化村内)
アクセス 「出津文化村」バス停から徒歩5分
開館時間 9:00~17:00
休 み 12月29日~1月3日
料 金 一般300円、小・中高生100円
▼ 団体(10名以上)
一般 240円
小・中・高校生 60円
※外海歴史民俗資料館の入館料含む
問い合せ先 ド・ロ神父記念館
TEL.0959-25-1081
主な展示品 絵画木版、祭礼具、印刷物、手術用器材、指導用図面、大工・左官用具、ソーメン・マカロニ製造用具、日計簿、食器類、カレンダー、ランプ、かばん など
ド・ロ神父記念館
ページトップへ ホームに戻る